【2024】子連れZIPAIRシンガポール6歳3歳の搭乗記録

子連れ 旅行

※この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは!りーママです。

6歳と3歳を連れて初のZIPAIRに搭乗したのですが、
コスパ良し、設備良し、と控えめに言って最高でした!
※りーママは子連れでLCCしか搭乗した経験がありません。その点を考慮した上でお読みいただければと思います。

ZIPAIRって?

ZIPAIRとは、飛行機の会社名です。

あまり飛行機に乗らない人でもほとんどの方が名前を聞いたことがあるであろう、有名なJALの子会社にあたります。

JALやANAをFSC(フル・サービス・キャリア/Full Service Carrier)というのですが、ZIPAIRはLCCロー・コスト・キャリア/Low Cost Carrier)と呼ばれており、一般的な格安航空会社に分類されます。

大きな違いとしては、LCCは機内食やドリンクが有料だったり、座席シートが狭いこと、荷物に制限がある、などです。サービスを抑えてその分航空券代が安くなっています。

ZIPAIRは子連れどう?

冒頭ですでに書いていますが、ZIPAIRは子連れに最適でした!

コスパを抑えて子連れ旅がしたい、という方に胸を張っておススメします。

ただしフルサービスに乗り慣れている方にとってはサービス面でいまいちかもしれません。

前述した通り機内食は有料、飲み物も有料、ブランケットも有料(アメニティセットで購入)になります。

ZIPAIRのアメニティセット
ZIPAIR公式HPより引用アメニティセット

※アメニティセットの事前購入は国内線24時間前まで、国際線は48時間前までとなっております。
Webサイトで購入可能、また機内でも購入可能ですが数に限りがあるとのことなので注意しましょう。

機内食、ブランケットや飲み物、有料かぁ・・と思うかもしれませんがその分航空券の料金が安いです。

後述しますが、特に子供料金(6歳以下)がとても安くなっていてお得です。

座席シートの間隔や座席の装備

座席シートの間隔ですが、LCCなので狭めの設定です。

ZIPAIR座席サイズ
ZIPAIR公式HPより引用

実際に搭乗した際の感じはこちら。
フットレストを置いているので狭く見えるかもしれませんが、思っていたよりは広かったです。

ZIPAIRの座席
ZIPAIRの座席

個人的にありがたかったのが、肘掛けが持ち上がること!子供が寝る際にこの肘掛けがなければ横向きに寝られるのでぐっすり寝てくれる率が上がります。

折り畳みのテーブルも優秀で、3パターン変えられるのですが、下記が収納時。

ZIPAIRの座席装備

飲み物と携帯や眼鏡などの小物だけ置きたい時、

ZIPAIRの座席装備

飲み物とちょっとした小物や(絵本とか)を置きたい時、

ZIPAIRの座席テーブル

ご飯を食べたりお絵かきなど通常サイズでテーブルを使いたい時、

ZIPAIRの座席テーブル

と3パターン変化させられます!
LCCなのに優秀!と感動したポイントです。

トイレに行く際に、となりの方にテーブルを閉まって・・という手間も一番上の飲み物と携帯置きパターンなら不要で便利です◎

USBポートもありますのでスマホの充電も可能です。

ZIPAIRの座席装備

写真で使用しているフットレストですが、個人的な子連れ飛行機であって良かったものベスト3に入ってます。

口で膨らませるタイプでも手でポンプを押して膨らませるタイプでもなく、付属の収納袋が空気入れになって膨らませるのですがとても簡単に膨らませられて、衛生的にも◎です!

子供用に2個買いしましたが、大人用も欲しいくらいに気に入っています。

また、写真で写っているネックピローですが、こちらも子連れ飛行機であって良かったものベスト3の1つです。

これまた口で膨らませるタイプではないので疲れないですし、空気を入れて膨らませるのがとっても簡単な上にかなりコンパクト。畳むと手のひらサイズで、しかも寝心地抜群です。

2つ大人用に購入したのですが我が家の6歳児がとても気に入って使っており、もう一つ購入しようと思っています。

また写真にはありませんが、最後のベスト3を記載しておきます。

子供が乗れるキャリーです!

空港内での移動、待ち時間中の座る場所としても大変活躍します。
我が家は機内持ち込みサイズを購入しましたが、大容量サイズもあります。

その他シンガポールへ行った時の持ち物は下記にまとめていますので、参考にしていただければと思います。

6歳までは座席指定無料&格安!

U6 Standardというサービスがあり、0~6歳までのお子さまの隣に座席指定する保護者1名は、事前座席指定料金が無料なんです!

なので子連れ2人(6歳以下)+大人2人であれば、座席指定無料にできちゃいます。

ただし、ZIPAIRは3列シートずつで分かれており、りーママは窓際席から3人+通路を挟んで大人1人と横並びに4人並びたかったので、パパのみ座席指定有料で取っています。

大人1人+子供1人、大人1人+子供1人、なら無料で座席指定可能になります◎

しかもこのU6 Standardというサービス、なんと2歳以上6歳以下の運賃が定額になっており、シンガポールはたったの7,790円(定額)なのです!

人気のハワイ・ホノルルも、6歳以下は16,000円(定額)です!
お得過ぎません・・!?

もちろん他の路線も6歳以下は定額運賃になるので、6歳以下はぜひ!6歳の今のうちに!ZIPAIRの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

機内食もお手頃価格

機内食もお手頃価格です。(\1,300~)
子供用の機内食もあります◎子供用の機内食は\1,200でした。

LCCなので本来飲み物が有料なのですが、事前に機内食を予約するとミニサイズの水のペットボトルが付いてきます。(当日注文だと付かないようなので注意です)

我が家は子供用の機内食に、バターチキンカレー、スパイシーチキンライスを注文しました。

ZIPAIRの機内食
お空で食べるお子さまボックス
ZIPAIRの子供用機内食
お空で食べるお子さまボックス
ZIPAIRの機内食
スパイシーチキンライス
ZIPAIRの機内食
バターチキンカレー

どれも美味しかったです!

メニューも好きなものを選べて値段もお手頃価格で安心です。

ZIPAIRは安くて子連れにおススメ!

いかがでしたでしょうか?

個人的には今まで乗ったLCCの中で一番良かったので、またぜひ乗りたいと思っています。

サービス全般が別料金で有料になりますが、必要なものを取捨選択できるので個人的にはかなりありです◎

というのも行きの飛行機は17時台出発でしたので機内食を予約したのですが、帰りの飛行機が23時台の出発でした。その時間帯ですと夕飯を済ませた後ですし、機内食はいらないと思い付けませんでした。

その時間帯では子供たち、乗ったらすぐ寝るだろうと思っていたら案の定寝たので、機内食が届いても困っていたと思います。。

フルサービスだといらないタイミングでも機内食が届くことがあるので、個人的にはその分安く済ませられるのでとても良かったです。

もちろんデメリットとして、座席の狭さはあるので(他のLCCに比べると広い方でしたが)価格とサービスを考えたうえで検討されるとよいのではないかと思います。

下記のエアトリは格安航空券を探しやすく、希望の日程や航空会社を選んで探せます◎
とても安くなるのでおススメです!

〈PR〉エアトリなら格安で航空券を購入可能!海外も国内も

早割はこちら!<エアトリ> ネットで安い航空券探すなら!エアトリ

ZIPAIRを検討されている方、これから乗る予定の方、飛行機に乗ってどこかへ行く予定の方、少しでも参考になれば幸いです。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

〈PR

国内・海外ホテル格安予約のアゴダ 【This is 英会話】
タイトルとURLをコピーしました