【2024】子連れセブ島旅行記~Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク~

Jパークアイランドウォーターパークセブ 子連れ 旅行

※この記事ではアフィリエイト広告を利用しています。

こんにちは!りーママです。

5歳と3歳を連れて、フィリピンのセブ島(正確にはマクタン島)にある、Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク セブで遊んだ記録を書いていきます。

〈PR〉楽天トラベルで国内・海外旅行予約!

【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

流れるプールがすごい!びしょ濡れで楽しい!

こちらのウォーターパーク、流れるプールがすごいです。文字通りびしょ濡れになります。

行く前から写真で見てとっても楽しみにしていましたが、実物最高でした。うわぁーすごい、と思わず声を上げました。

ウォーターパークの流れるプール
ウォーターパークの流れるプール
ウォーターパークの流れるプール
ウォーターパーク流れるプール
ウォーターパークの流れるプール
きのこ噴水の流れるプール

写真の画質があまり良くなくて申し訳ないですが、流れるプールではきのこ噴水から水が飛び出てきます。

水の中に突っ込んでびしょ濡れになってみたり、あえて噴水をよけて進んでみたり。

何周もして楽しみました。(りーママは濡れすぎてコンタクトがずれました。。)

そして流れるプールや各プールの中に、なんとバーがあるんです。

椅子が水の中にあり、そこで飲食できるんです。すごくありませんか?特別感があって最高な場所でした。

流れるプールのバー

キッズプールも充実!バケツからバシャ―ン!

キッズプールも充実しています。子供向けの滑り台も3種類ありました。

これまたびしょ濡れ案件ですが、高いところにあるバケツからバシャーン!と水が落ちてきます。

キッズプール
キッズプールの滑り台
キッズプールのバケツ

海賊船?のようなのが故障中なのか封鎖されてしまっていたのが残念でしたが、一部の水中トンネルは通行できるようになっていて、何度もくぐっては通り抜けて遊んでいました。

キッズプールのトンネル

すぐとなりには幼児向けプールがあり、こちらにも滑り台がありました。

幼児向けプール
幼児向けプールの滑り台

我が家の子供たちは流れるプールよりこちらのキッズプールがお気に召したようで、こちらにいる時間が長かったです。(大人2人は流れるプール派でした・・笑)

プールの中でバスケなどのアクテビティも!

ウォーターパークの最初にあるプールにはバスケットゴールがありました。

バーを囲むようにぐるっと円形のプールなのですが、水深が場所によって変わるのでお子様は注意です。

(自分もあまり長身ではないので、入って途中で進めなくなりました)

アクテビティプール
プール内のバー
プール内のバー
アクテビティプール

上記写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、奥には浮き具の上を走って渡るアクテビティもありました。

このプールの横にウォーターパークの受付があり、そちらで部屋番号を伝えて腕に紙製のリストバンドを付けてもらいます。

小さい子供は付けなくてよいようですが、タオルは人数分もらえました。

スライダーは3種類

ウォータースライダーは3種類ありました。

ウォータースライダー

中でも右端にある赤白のスライダーがJパークアイランドリゾートの名物?真ん中に穴が開いていてぐるぐると渦を巻きながらそこの穴から落ちてくる・・というスライダーです。

ウォータースライダー


りーママは体験しませんでしたがパパが体験した結果、落ちたところの水深がめちゃくちゃ深くて、普通に怖かった、とのことでした(笑)

下に監視員の方が待ち構えていて、落ちてきた人に浮き具を投げ入れていました。

ウォーターパークまとめ

とにかく楽しいウオーターパークでした。海外の規模感はすごいな、と感心させられます。

ただいくつか注意点や気になった点は書いておきたいと思います。

プールの場所取り合戦には気を付けよう

パラソルと椅子があらゆるところにたくさんあるのですが、プール周りの場所はすぐに埋まります。オープン時間の9時にはほぼ無いと思っておいた方がいいです。

どうやらみなさん、オープン前の時間に場所だけ取っておいているようです。ホテル内なのでホテル建物からウォーターパークへの仕切り等はないので、オープン前も入れるため場所取りをされているようです。

また、ここはちょっと残念な点でしたが、日本とは違うのであまりマナーが良くないです。

2人分の席を取れたので受付でもらったタオルを置いてプールで遊んでいたのですが、戻ってくると椅子が使われている上にタオルまで使われていました。。

※他の方々もタオルを置いて場所取りをしているのに、です。

仕方がないので移動しましたが、とにかく場所がないです。ただプールからは離れますがビーチの方まで行くと空いているところがありました。

そちらが静かで海も見ながらのんびりできるのでかなりオススメです。

↓プライベートビーチについての記事は下記をご覧ください。

キッズプールを素足で歩くと痛いところがある

これは老朽化の問題ですね。ただけっこう素足だと痛い箇所があったので気になりました。特にキッズプールでだったので、舗装し直してほしいなーと思いました。

(ツボ押しと思えばいいのかな?でも子供たちに思いっきり楽しんでほしいですしね・・)

プールから出ると日中はかなり暑くなりますので、サンダルは必須です。

〈PR〉キッズサンダル


プール内のバーのメニューは同じ

プール内にあるバーが3か所ありましたが、どこもメニューは同じようでした。

バーのメニュー表
バーのメニュー表

メニューによっては注文してから30~50分くらいかかるようです。デリバリーしてくれます。

2日連続プール内のバーで軽食を取りましたが、1日目は何も渡されず場所だけ伝えたら持ってきてもらえて、2日目は番号札を渡されました。(1日目はなぜ渡されなかったのか・・)

ピザを頼みましたが巨大なのが来ます。美味しいです!(大人2人と5歳児3歳児の4人で分けてちょっと物足りないくらいの量でした)

食べたピザはプライベートビーチの記事に載せています。

貴重品は部屋の金庫にしまうか携帯しよう

先ほど記載したようにあまりマナーが良くない方もいますので、貴重品は部屋の金庫にしまうか携帯しましょう

また部屋の金庫も完全には安全と言えないのが海外なので、お金は分散して持った方がいいと思います。我が家はりーママとパパで現金・カードを分散して持っていました。

プール内で貴重品を入れるのにオススメなのがこちら。

〈PR〉防水スマホケース大容量サイズ


思った以上に大きいサイズで届いた時はデカすぎる、、と思ったのですが、お金・クレカ・スマホ・部屋のキー・小物も入れられる大容量サイズでリピ確定なくらい重宝しています。

その他、セブ島旅行の際に持って行った持ち物はこちらの記事にまとめていますので、ぜひ参考に読んでいただけたらと思います!

とっても楽しかったのでまた機会があればウォーターパークでぜひ遊びたいですね。
また行きたいな~。

まだまだセブ島の記事載せていきますのでぜひ読みに来てください。ここまで読んでくださった方、ありがとうございます!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました